【ボートレース】児島競艇場徹底攻略!特徴やクセを詳細解説!

児島競艇場

支部岡山支部
住所岡山県倉敷市児島元浜町6−3
電話番号086-472-5050
アクセス【電車】
JR西日本・JR四国瀬戸大橋線児島駅【車】
瀬戸中央自動車道児島ICから車で5分【無料バス】
児島駅から無料送迎バスあり
9:40から14:00まで
モーター交換時期1月
イン勝率56.4 %
潮の影響有り

瀬戸内海に面した競艇場。マスコットキャラのガァーコが可愛い

みきスケ

オーソドックスな競艇場というイメージ。だからこそしっかり予想しよう!

児島水面レイアウト

参考元:http://www.kojimaboat.jp/sp/info/quality.html
水面特性

1コースの勝率が約56%と比較的高め。

・瀬戸内海に面した競艇場で潮の満ち引きの影響を受ける

 満潮時と干潮時で約2~3mの差が出るので慣れていない選手は舟券内に絡みにくい。

 体重が重い選手は艇のスピードが落ちて不利と言われるが海水の場では浮力で艇が浮く為、その差は小さくなる。

 干満差がレースに与える影響についてはこちら→競艇場の潮の流れ(満潮・干潮)のレースに与える影響お話

・風は比較的穏やかな日が多い。

ピットから第2ターンマークまでの距離が約100mと短い為前付けがしにくく枠なり進入となりやすい。無理に前付けをした選手は助走距離が短くなり、全速でいけなくなってしまう。

・上記の児島水面レイアウトからも分かるように6コースのスタート位置の堤防が出っ張っている為、スタート時に蛇行する形になる慣れていない選手はスタート勘が乱され合わなくなる

満潮時なおかつ強い追い風の時は穴党の出番

 追い風に押され減速すると波に押し負けてしまうし、握って加速すると追い風によりターンが流れてしまう。満潮で強い追い風の時は1コースにとってとても難しい条件になってしまう。

その他の特徴

・他の競艇場に比べて捲りよりも差しや捲り差しが決まりやすい傾向に有る。

名物実況椛島健一(カバシマケンイチ)氏がいる。

 なんというかものすごーく個性的な人です。評価の良し悪しは、はっきり分かれますが私は好きです。ぜひみなさんも児島のレースを見るときは椛島氏に注目してみてください。一度聞くと耳から離れない実況をしてくれますw

 椛島健一さんの名実況はこちらから見れます👈

コース別成績 (総合)

コース出走数勝率1着率2連対率3連対率FL平均ST
1 コース23727.9556.4 %74.2 %81.8 %1500.16
2 コース23705.5914.3 %39.0 %57.4 %300.17
3 コース23665.1410.9 %30.8 %51.9 %1000.17
4 コース23635.0811.0 %30.1 %51.8 %1300.16
5 コース23654.146.0 %18.4 %36.6 %1300.16
6 コース23333.111.3 %7.9 %21.4 %1400.18
参考元:http://www.boatrace-db.net/stadium/tcourse/pid/16/

コース別決まり手

コース逃げ差しまくりまくり差し抜き恵まれ
1 コース94.7 %0.0 %0.0 %0.0 %5.2 %0.1 %
2 コース0.0 %67.1 %22.2 %0.0 %7.9 %2.8 %
3 コース0.0 %11.3 %28.5 %49.2 %9.8 %1.2 %
4 コース0.0 %18.6 %40.1 %30.4 %8.5 %2.4 %
5 コース0.0 %3.9 %19.5 %64.8 %10.2 %1.6 %
6 コース0.0 %15.2 %15.2 %54.5 %12.1 %3.0 %
参考元:http://www.boatrace-db.net/stadium/tcourse/pid/16/
みきスケ

児島はよく当てにくいって声を聞くけど干満差や風を考慮すれば決して当たらないって事は無いはずだよ!特に干満差を常に意識する事を心がけよう。

児島特徴まとめ

水質は海水で潮の影響を受ける。

風は比較的穏やかな日が多い。

1コースの勝率は比較的高め。

枠なり進入率が高め。

6コースはスタート時蛇行する形になる。

満潮時なおかつ強い追い風の時は荒れやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

みきスケ
みきスケ  30代 一般的なサラリーマン。 賭け事全般が好き。結婚をきっかけにボートにハマる。 家でギャンブルが出来るなんてサイコーじゃん、やっふー♪ →どちゃくそ負ける。 あまりの悔しさから勉強に勉強を重ね、また経験を積みある種の悟りを開く。 現在は収支もプラスに転じ、日々ボートライフを楽しんでいる。 一般人だからこそのリアルな競艇情報をお届けしたいと思います!   好きな言葉 『死ぬまでギャンブルに負けは無い』 『勝つまでやる。だから勝つ。』