【厳選!】2021年度版好きな競艇選手ランキングベスト10!

さあ!やってまいりました。

2021年度版、好きな競艇選手のランキングです。

昨年度版のランキングで紹介した選手達は相変わらずの活躍っぷりで嬉しい限りです。

昨年度の2020年度版ランキング記事はこちら👈

今回は前回紹介させて貰った選手の方々は殿堂入りとして、その方達以外のキテル!選手達をランキング形式で発表していきたいと思います。

今回の選手達も今後更なる活躍をしてくれると思うので要チェックしてください。

それではさっそくどうぞっ!

   

         

第10位 石川 真二(いしかわ しんじ)  66期生 福岡支部

10位はこの人、石川選手です。

イン屋(前付けする人)として有名でガンガン内に入り込んでレースを面白くしてくれる存在です。

ピット離れも巧く、どんなレースでも内を狙って行くスタイルには信念に似たものを感じます。

意外にも石川選手は、ばりばりSNSやブログ・YouTubeをやっています。

「今日は皆さんの質問に答えてみようかと思います」とかネットアイドルみたいな事をしています。

とてもやりそうには見えないのですが忙しい合間をぬってわりと頻繁に更新やつぶやきをしてくれています。

そんな意外な一面がある石川選手ですがレースになると相手構わないコース取りをします。

どんな時でもリスクを承知でコースを取りに行く姿はまさに修羅。

いつかのインタビューで言っていました。

「自分がコースを取りに行くのはそれを期待しているファンがいるからこそ」

前付けをしないとファンを裏切る事になる。ファンを裏切らない事こそ石川選手の信念なのです。

そんなレースではかっこよくSNS等では温かみを感じる石川選手が人気を集めるのは当然の事なのでしょうね。

ページトップへ戻る↑

     

 

第9位 遠藤 エミ(えんどう えみ) 102期生 滋賀支部

9位は遠藤エミ選手です。

印象としては強い。これに限ります。

レースが強いのはもちろんなのですが体が強い。

ソフトボールで鍛えられた身体能力は間違いなく女子レーサーの中でトップクラスです。

体幹が強くバランスが良いので重心が低くボートと一体になってターンするのが遠藤選手の特徴。

その為、船から放り出される落水が極端に少ない。

それは男子のトップレーサーにも引けを取らないターンスピードを生み出しています。

そして心が強い。

風貌や喋り方から男勝りというかさばさばした感じを受けるのですが、努力の人です。

養成所時代から決して良い成績じゃ無かったのですがコツコツとストイックに積み重ねてきた結果の今が有ります。

幾度の挫折を味わいながらも挫けずに努力を続けてこれるのは凄い事だと思います。

まだ女子でSGを獲った選手はいませんが遠藤選手は限りなく近い選手の一人と言えるでしょう。

歴史的大偉業を達成する日はそう遠くないのかもしれません。

ページトップへ戻る↑

       

 

第8位 定松 勇樹(さだまつ ゆうき) 125期生 佐賀支部

8位は注目の若手、定松選手!

圧倒的天才!

もうこのままSG行っても通用するんじゃないだろうか。

それくらいターンや道中の競り合いが上手い。この若さとは思えない走りをしています。

師匠はあの峰選手。峰選手にも「3年でSGを獲れる天才」と言わしめています。

負けず嫌いな性格もトップレーサーになるには好材料。

もう今後が楽しみでしかない。

目指せ!第2の峰!

ページトップへ戻る↑

     

 

第7位 徳増 秀樹(とくます ひでき) 75期生 静岡支部

7位は徳増選手。

「濃く行きます!」はもう持ちネタとして完全に定着しましたねw

そんな顔の濃さを自分でイジる徳増選手ですが走りも相当濃いです。

注目は1コース。ぶっちぎりの勝率を誇ります。ここ最近のデータを見ると80%近くという驚異的な数字を残しています。

僕の知る限り全選手の中で一番インが上手い選手です。

SGやG1でもバンバン勝つので真に上手いのが分かります。

よっぽどの事が無いと負けないので舟券の軸にするには持ってこいですね!

ちなみに去年のグラチャンで嬉しいSG初優勝を飾りました。

おめでとう!今後も活躍期待しています。

ページトップへ戻る↑

     

 

第6位 勝浦 真帆(かつうら まほ) 116期生 岡山支部

6位は若手の女子勝浦選手。

成長途中の蕾レーサー。咲かすのは大輪の花。

まだまだ実績は乏しいですがここ最近は確実に力を付けて来ています。

彼女の強みは何といってもそのスタート力。

驚くべき事に平均スタートタイミングは0.14~0.16、男子のトップレーサー並みです。

更にスタートが早いにも関わらずフライングが圧倒的に少ない所も凄い所。

約1300回出走してたったの5回しかしてないんです。これはスタートの鬼と言われているあの菊地選手に近いレベル。

まさしく女版菊地孝平。

ターン技術がもっとついてくれば記念で男子を打ち負かしまくる事になるでしょう。

ページトップへ戻る↑

      

 

第5位 西山 貴浩(にしやま たかひろ) 97期生 福岡支部

5位は西山選手。

競艇界のお笑い担当。そのエンターテイナーぶりは見る人みんなを笑顔にします。

ヘタなお笑い芸人よりも吹っ切れた笑いを提供してきますw

若松の西山選手以外がイケメンでレース名がほぼイケメン戦だった時はお腹抱えて笑いました。

レース場からもいじられるというw

そしてなんと今年のオールスターファン投票まさかの2位w

あの峰選手に次ぐ2位です。すごくないですか。

まだSG優勝してないにも関わらず並みいる人気選手を抑えての2位です。

正直1位取って欲しかったそしたらまた腹抱えて笑えたのにw

ちなみにファン投票の順位が決まった時の動画がこちらです。→峰との対談動画

やっぱり面白い。

これからもファンに夢と希望と笑顔を届け続けてくれるでしょう。

オールスターでなにかやらかさないかなぁ。ぼそっ

ページトップへ戻る↑

     

 

第4位 濱野谷 憲吾(はまのや けんご) 70期生 東京支部

4位は濱野谷選手。

元祖(と言ったら失礼ですが)イケメンレーサー。

ボート漫画の金字塔モンキーターンの主人公波多野憲二のモデルになった人です。

安定した技術と整備力で常に結果を出し続けるベテラン選手です。

波多野と同じで豪快に捲って行くレーススタイルは見ていて気持ちが良いです。

濱野谷選手を語る上で欠かせないのは福岡でのSG初出場。濱野谷選手は2日連続で転覆となってしまった。惨敗である。しかし難水面と言われる福岡で果敢に握って行くその姿はファンを魅了しました。

その2年後同じ福岡でのSGに出場。雪辱を晴らすドラマティックな優勝を飾ります。

大スターの誕生に大いに盛り上がったのでした。

近々でも大村G1を獲るなど活躍に陰りが見えません。これからも豪快なターンで場を盛り上げてくれると思います。

ページトップへ戻る↑

     

 

第3位 大山 千広(おおやま ちひろ) 116期生 福岡支部

3位は大山選手。

アイドルレーサー的な存在のちーちゃん。オールスターでも常にドリームに乗っています。凄い人気です。

確かにばっちりメイクすれば凄い可愛らしいですしインタビューとか見る限り性格も良い。あわせてボートの腕もいいと来ればそりゃ人気になりますよね。

パーフェクトです。完全Vです。

ちなみに一番好きな漫画はONE PIECEだそうです。分かってらっしゃる。

ファッション誌やテレビ取材も受けて大人気の大山選手ですが戦績も素晴らしく2019年にはG1レディースチャンピオン初出場にして、史上最年少で優勝を果たしました。

母は元ボートレーサーの大山博美選手で千広選手がデビューして初勝利したレースにはなんと母である博美選手がいました。つまり初勝利は母親に勝ったレースだったのです。母である博美選手は後にこのレースを娘が成長したと嬉しそうに語っています。ドラマと母娘の絆を感じる良いエピソードですね。

語る夢はSG制覇。母も成し遂げれなかった大偉業、大山選手なら十分射程圏内だと思います。

ページトップへ戻る↑

     

 

第2位 日高 逸子(ひだか いつこ) 56期生 福岡支部

2位は「グレートマザー」こと日高選手。ここで来ました。大ベテラン選手。

齢59歳にしてなおも一線で活躍し続ける女子レーサー界のどん。

現役女子最年長とは思えない走りで男子のトップ選手と肩を並べて戦うその姿は尊敬にあたります。

獲得賞金は10億円を超え女子レーサー歴代1位の大記録です。凄い。

女子の最年長勝利記録はまだ引退した記憶が新しい鵜飼菜穂子選手(61歳での記録)。日高選手はこれを抜きたいと答えておりそれは実現する事になるんじゃないかと思います。

しかし一見順風満帆に見える人生ですが「逆転の人生でした」と日高選手は語ります。

 逆転人生-。その出発点は、幼少期にさかのぼる。

 中学教師の父と保育士の母の長女として、宮崎県都城市で生まれた。4歳の時だった。バイク事故に遭った父が後遺症で酒浸りとなり、暴力を振るい始めた。小学校に入って間もなく、暴力に耐えかねた母が突如、姿を消した。二つ上の兄と、祖父母宅に預けられた。

 祖母は厳しかった。料理、洗濯、掃除、稲刈りと、幼い孫を徹底的に働かせた。家計は苦しく、兄と一緒に朝から新聞配達をして、夜は集金のため街を走り回った。

 父の暴力におびえた日々。母を失った悲しみと貧乏生活。「そこから脱出したいという思いが、私の負けず嫌いの原点。自分の手で何かをつかみたかった。そのためには、誰にも負けたくなかった」

 奨学金で高校を卒業し、信用金庫などに就職した。しかし退屈に感じて長くは続かなかった。そんな時、ふと目にしたテレビCMが人生を大きく変えた。

 「ボートに乗って年収1千万円」

 ボートレーサーの募集だった。幼い頃から金銭面で苦労してきただけに、キャッチコピーが心を強く揺さぶった。どんな競技か知らなかったが、試験を受け合格した。

 本栖湖(山梨県)での1年間の実習訓練は、予想以上の厳しさだった。スピードに恐怖を感じて耐えられなかった。教官に「辞めます」と言ったことも。偶然にも同郷だった教官が「負けるな」と励ましてくれたことで奮起し、人の何倍もボートに乗った。最下位だった成績が上位クラスまで成長した。

引用元:西日本新聞 選手生命の危機…「再逆転」に懸ける59歳 ボートレーサー日高逸子

ま、まざぁぁぁぁ(T_T)泣

苦労しまくりです。今でこそお金も有り結婚して娘も二人いる大成功人生を歩んでいる彼女ですが壮絶な人生を歩んでこられたんですね。

養成所時代は成績が良くなかったというのも驚きです。それがここまでの選手になっているんですから想像もできない様な努力をしてきたんだと思います。そこが僕が日高選手を好きな一番の理由です。

現状F3をきってしまいB2級に落ちてしまっていますが「逆転」こそ彼女の花道。

A級でばりばり活躍する姿を再び見せてくれる日は近いでしょう。

女子選手の顔とも言える日高選手、今後とも走り続ける姿を見せて欲しいと心から願っています。

ページトップへ戻る↑

   

 

第1位 毒島 誠(ぶすじま まこと) 92期生 群馬支部

1位はこの人、毒島誠選手。大ファンだと言う方も多いのでは無いでしょうか。

まず名前にインパクトがありますねw

峰竜太の時も衝撃でしたが毒島という名前もクセ強めですよね。

毒島と言えば伝説の野球漫画「ストッパー毒島」を思い出します。これが知名度は低く古い漫画なんですがなかなかに読みごたえが有りまして。とにかくリアルではらはらどきどきな大人の野球漫画という感じでした。

懐かしいなあ、面白かったなあ。

毒島の名セリフ「おっほえ」は当時から強烈なインパクトでした。

あ、これ毒島が投げる時の奇声です。気合い入れて投げると毒島はおっほえーー!!と言いますw

パワーワード過ぎる。

試合でそんなこと言いながら投げてくる投手がいたら絶対嫌だわ。

他にも

あともう1コあんたに一番欠けてるもんがあるぜ、度胸だ!

このつまらない世の中を面白くしてやろう!

などなど胸が熱くなるセリフが多数出てきます。

出てくるキャラクターも強烈

めちゃくちゃ野球上手いのに女とセックスばかりする加瀬や正体不明のマスコットのチックくんとか出てくるキャラが個性的な面々ばかり。飽きずにすぐ全巻読めちゃいます。

みなさんぜひ読んでみて下さい。めちゃくちゃ面白いです。

そんなストッパーよりも好きな毒島誠選手。当然ながら上手い。とにかく上手い。

そして何といっても舟券貢献度が高いところです。

他の記事でも紹介しているのですが毒島選手にはある特徴が有りまして

それは2コースを潰すという所です。

毒島選手は1コースで第1ターンマークを回る時、溜めて溜めて回るので2コースの選手が行き場を無くしてしまいます。結果的に外から捲ってきた選手が有利となるのです。

毒島選手自体は腕が超一流なので1コースの時はまあ逃げます。その結果1-3や1-4,1-5といった出目が出やすくなります。

この法則を知っていれば2コースに強豪選手が入って来て1-2でバカ売れしている時に配当妙味が出ます。

もう毒島選手が1コースで1-2がバカ売れしている段階でうはうはです。

本当に2着に2が来にくいので今まで散々このパターンで勝たせて貰いました。毒島選手すき。

今後もずっと狙って行きたい選手の一人です。

ちなみに奥さんは元競艇選手の池田幸美さんです。普通に可愛いです。人生の勝ち組ですね。

ー毒島誠という男ー

2003年5月にデビュー。同7月に初勝利。

そこからめきめきと力を付け、2006年に初優勝。

トップクラスのターンスピードを武器に2010年にG1初勝利。

2013年には念願のSG初勝利。

現在では実に7回ものSG優勝を成し遂げています。

地元が群馬でホームプールが桐生と言う事もあってかナイターにめっぽう強く、7回勝っているSGの内6回がナイター開催のもの。

特に2017年から毎年SG優勝する姿はまさに鬼神の如くでした。

モーター整備の腕も一流で、どのコースにいても着を取る。

スーパーピット離れも有名でアウトコースから突然インを取って来て客の度肝を抜いてきます。それも整備の腕が有るからこそ。毒島選手の出ているレースはいつも油断出来ません。

後は性格が良いのなんのって、喋り方からも人の好さと優しさが感じ取れます。

参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=7-4WSFRZ2UA

いやー良い人ですね♪

これからも活躍を続けてくれると思うのでしっかりと応援していきたいと思います。

ちなみに付いたあだ名はポイズンキラー、僕は断然ストッパー毒島の方を推していきたいと思います。

ページトップへ戻る↑

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回も個性あふれる面々が出揃いました。

今はコロナ禍でお出掛けしにくいですがそんな時こそおうちでもできるボートを思いっきり楽しみましょう。

そして選手達に笑顔とパワーを貰って頑張って行きましょう。

この記事を見てくれている皆さんが笑顔で毎日を過ごせる様に心から願っています。

それでは今日も楽しいボートライフを♪

おっほえーー!!

ページトップへ戻る↑

ストッパー毒島 - ハロルド作石 / 第14話 オープン戦の毒島 ...
ストッパー毒島 全12巻完結(ヤンマガKC ) [マーケットプレイス コミックセット]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です